表紙

 日本人にとって特別な花「桜」。桜の開花の便りには、誰もが心騒ぐのではないでしょうか。そして桜は“見て愉しく、食して美味しい花”でもあります。本書は「食べる・見る・知る」の3つのテーマで、桜のさまざまな魅力を紹介します。中でも「食べる桜」というテーマは史上初の取り組み、そのルーツや貴重な栽培加工の様子を取材。また、全国有名菓子店の桜スイーツを多数掲載、食卓を春色に彩る桜の創作レシピも公開しています。「見る桜」では名所・名桜 案内のほか、桜の芸術作品を、「知る桜」では桜にまつわる知識・歴史や物語も紹介。ガイドブックとしても読み物としても楽しめる桜百科事典。日本人必携の豪華本です。

■編著者:平出 眞(山眞産業株式会社 代表取締役)
■定価:3,000円(税別)
■B5サイズ/ハードカバー 装丁原画:山岸泉琳/オールカラー160ページ/平成28年2月2日発行

■発行所:

株式会社旭屋出版

 

〒107-0052東京都港区赤坂1-7-19-8F TEL03-3560-9066

内 容

  • 1章 食べる桜

    ●桜と和菓子(とらや協力)

    ●桜と和食(特別インタビュー:菊乃井主人/村田吉弘氏)
    食べる桜の産地を訪れる
    食べる桜のルーツを探る

    ●日本全国 桜スイーツめぐり・食めぐり・お酒めぐり(120店(社)の約150アイテムを紹介)

    ●おいしい桜クッキング(仏・伊・中・他27品の創作レシピ)

  • 2章 見る桜

    ●桜の里にて(インタビュー:桜守/佐野藤右衛門氏、特別寄稿:芥川賞作家・福聚寺住職/玄侑宗久氏、他)

    ●日本三大桜名所

    ●日本三大巨桜

    ●日本全国 桜名所・名桜めぐり(桜名所150カ所と名桜60本を地図・写真で紹介)

    ●描かれた桜(笹部コレクション他)

    ●世界の桜

  • 3章 知る桜

    ●桜の基礎知識

    ●桜と日本人

    ●詠まれた桜・書かれた桜

    ●桜を植えた人・守った人

    ●桜図鑑


◆編著者◆ 平出 眞(ひらで まこと)

1958年名古屋市生まれ。1981年青山学院大学文学部卒業後、東京の食品専門商社勤務を経て家業の和菓子副材料専門問屋・山眞産業鰍ノ入社。1996年代表取締役就任。就任後は、オリジナル製品の開発と市場開拓を積極的に進めた。中でも新たな桜の食品素材を開発し、桜餅や桜あんぱん以外の用途開発と提案活動を行ったことで、桜のスイーツという新しいマーケットを創造した仕掛人となった。また、仕事を超えて桜への興味関心は尽きることがなく、「桜」に関する活動がライフワークとなっている。日本さくらの会会員、日本花の会会員、桜ライン311サポーター。